TOPICS

TJK トピックス

●インターンシップ

1・2年生 総合コース/文理・特進コース希望者
平成29年8月23日㈬~25日㈮

「働くことについて考える」
 私は、インターンシップでひまわりネットワークの仕事を体験しました。幼稚園で行われた卒園生の同窓会についての取材に同行し、実際にカメラを持ち撮影を行いました。
 取材から戻り、編集作業に立ち会い、番組のできあがる工程を見させていただきました。10分ほどの番組に多くの人、時間、労力やたくさんの思いがつまっていることがよく分かりました。
 短い時間でしたが、働くことについて考えるきっかけとなりました。

森 勇人(2総2 高橋中)
 
 

スピード日本語検定1級合格

加納 愛己(3総5 梅坪台中)

スピード日本語検定2級合格

平郡 康多(3総1 益富中)
村瀬  巧(3総2 豊南中)
国吉 真一(3総3 高岡中)
上田 友貴(3総4 崇化館中)
髙野 空良(3総5 崇化館中)

スピード日本語検定3級合格

富名腰隼汰(3総2 若園中)
中島 智幸(3総4 藤岡南中)
河合 聡彦(3総5 竜北中)
湯﨑 伶音(3総5 高橋中)

日研日本語ワープロ検定3級合格

大原僚太郎(3総1 城北中)
幸喜ドウグラス(3総1 高橋中)
髙山 一真(3総1 高橋中)
中村 拓磨(3総1 崇化館中)
成田 一貴(3総1 末野原中)
平郡 康多(3総1 益富中)
宮里 直樹(3総1 高岡中)
結城 龍世(3総1 祖東中)
石原 誠治(3総2 高橋中)
宇井颯一朗(3総2 高橋中)
大蜘蛛大樹(3総2 井郷中)

大島 悠生(3総2 甲山中)
大城 佑介(3総2 高橋中)
柏木 舞斗(3総2 豊南中)
蒲原  翼(3総2 猿投台中)
後藤 碧斗(3総2 岡崎・北中)
柴田  武(3総2 松平中)
杉浦 裕斗(3総2 石野中)
鈴木 輝理(3総2 雁が音中)
高橋 駿也(3総2 岡崎・南中)
中森 脩平(3総2 崇化館中)
林  弘太(3総2 葵中)

富名腰隼汰(3総2 若園中)
村瀬  巧(3総2 豊南中)
山本 慎太(3総2 岩津中)
青山 亜蓮(3総3 岡崎・南中)
岩田 馨智(3総3 豊南中)
奥田 悠斗(3総3 竜神中)
小禄 晶仁(3総3 甲山中)
上條 颯斗(3総3 高岡中)
国吉 真一(3総3 高岡中)
柴田 篤志(3総3 城北中)
鈴木 颯人(3総3 みよし・北中)

只羅  僚(3総3 朝日丘中)
外山 佳志(3総3 依佐美中)
橋本 仰生(3総3 小原中)
満永 敬斗(3総3 若園中)
上田 友貴(3総4 崇化館中)
小川 拓也(3総4 常磐中)
小木曽恭平(3総4 稲武中)
加藤 清也(3総4 祖東中)
廉谷 賢吾(3総4 藤岡南中)
神谷  遼(3総4 岡崎・北中)
倉田  海(3総4 藤岡中)

佐藤 拓馬(3総4 上郷中)
村瀬 大希(3総4 竜神中)
和田 彪雅(3総4 末野原中)
小澤 広武(3総5 高岡中)
加納 愛己(3総5 梅坪台中)
酒井 尚希(3総5 矢作北中)
佐藤 宏弥(3総5 藤岡南中)
鈴木 啓太(3総5 若園中)
鈴木 駿介(3総5 逢妻中)
毛受 航太(3総5 美川中)
八尾 奎佑(3総5 上郷中)

日本語検定
 日本語検定は日本語の知識と運用能力を測定する検定で、同種の検定では最大規模の検定です。

●3級準認定

蟹  遼馬(3総2 竜神中)
阿部 多為(3総3 竜神中)
満永 敬斗(3総3 若園中)
和田 彪雅(3総4 末野原中)

●4級認定

板垣 竜二(3総1 松平中)
原  大征(3総1 岡崎・北中)
富名腰隼汰(3総2 若園中)
松島 蓮太(3総2 岡崎・北中)
小禄 晶仁(3総3 甲山中)
上條 颯斗(3総3 高岡中)
鈴木 颯人(3総3 みよし・北中)
高山 大輝(3総3 末野原中)
村瀬 大希(3総3 竜神中)
岡本  将(3総5 甲山中)

総合コース資格サポートプログラム

総合コースでは、選択授業などで各種資格にチャレンジしています。

危険物取扱者乙種第4類合格

成田 一貴(3総1 末野原中)

平郡 康多(3総1 益富中)

小木曽恭平(3総4 稲武中)

危険物取扱者丙種合格

中村 拓磨(3総1 崇化館中)
羽生田恒希(3総1 井郷中)
宮西 佑季(3総1 逢妻中)

吉口  匠(3総1 甲山中)
鷲澤 拓也(3総1 高橋中)
梅村誠太郎(3総3 崇化館中)

岡本 楓人(3総3 竜海中)
奥田 悠斗(3総3 竜神中)
下野 成規(3総3 竜神中)

橋本  陸(3総3 岡崎・北中)
深谷 夢斗(3総3 富士松中)
石川 直樹(3総4 保見中)
伊藤 健吾(3総4 岩津中)

川内 流颯(3総4 岡崎・北中)
清水 康平(3総4 六ッ美北中)
山本 琉介(3総4 益富中)
山本 康介(3総5 益富中)

●国語科フィールドワーク
平成29年6月30日㈮ 本校食物実習室
「蘇作り体験」
 今回の国語科フィールドワークでは、蘇作りを体験しました。蘇は今でいうチーズケーキのようなもので、平安時代まで重宝されたことを学びました。また、「醍醐味」の言葉の由来が、乳製品の生成過程で生じる五段階の味わいの「醍醐」からきていることなどに驚きました。いつもとは違う料理を体験でき、とても良い時間が過ごせました。皆さんも機会があれば、昔の料理を体験してみてください。

只井 海斗(3特B 逢妻中)

総合コース 夏のフィールドワーク

● Mt. 乗鞍 e- キャンプ
平成29年8月3日㈭~4日㈮
NORTHSTAR Alpine Lodge 長野県乗鞍高原
「温かなコミュニケーション」
 乗鞍高原にイングリッシュキャンプに出かけました。宿泊したロッジのスタッフは殆ど外国の方で、英語での生活やアクティビティを体験するフィールドワークでした。宿泊したロッジや周りの風景もまるで外国のような環境の中、英語でチェックイン時の「入国審査」をしました。普段使っていない英語で話すことは難しかったですが、何とか無事に「入国」することができました。一番印象に残っているのは、マウンテンバイクで山に登った事です。2日間英語だけで過ごしましたが、スタッフの方の温かさに助けられ、大自然を感じることもでき、とてもよいフィールドワークでした。

杉浦 健太(2総2 新香山中)

江戸の製法で塩づくり
講師:吉良入浜式塩田保存会の皆さん
平成29年7月29日㈯ 西尾市塩田体験館 吉良饗庭塩の里
「塩の道の出発点」
 三河湾に面した吉良町では室町時代から塩田が営まれていたらしく、江戸時代には吉良町の入浜式(いりはましき)塩田から産出された塩が、「饗庭塩(あいばじお)」として岡崎の八丁味噌に用いられたり、「塩の道」を経由して長野県伊那地方に運ばれたりして、にがりが少なくて良質だと珍重されていたそうです。敷地内には、復元塩田のほか、昭和40年ごろまで使用されていた塩焼小屋も移築されており、全国でもここでしか見ることができないそうです。塩田に砂や海水をまいて作る、昔ながらの製法での塩づくりを体験したほか、この地方での製塩の歴史などを学びました。

原田 悠良(2総1 若園中)

● 穴窯・窯焚体験と星空講習会
講師:豊田市民芸館  愛知教育大学 沢 武文 先生 学生天文サークルCoA
平成29年7月29日㈯~30日㈰ 豊田市民芸館
「土と炎と☆」

 僕は毎年このフィールドワークに参加をしていて今年で3回目なのですが、いつも違う面白さがあります。それは焚き方が違うことです。これは多分、窯の状態や天気によって変えているのだと思うのですが、薪をくべるタイミングなど、まるで窯と対話しているよ うな感じで面白いです。
 また、今年は愛知教育大学の沢先生とサークルの方々による星空講習会もありました。あいにくの天気で実際の星空は見えなかったのですが、4次元デジタル宇宙ビューワーMitakaでの銀河の解説や、移動式プラネタリウムなど、こちらも楽しく学習することができました。
西田 幸人(3総2 藤岡中)

●鉄人に会いに行こう
講師:愛知工業大学 西山 禎泰 先生とゼミ生の皆さん
平成29年8月8日㈫ 愛知工業大学
「お魚ロボットのプログラミング」
 ロボット博士として有名な愛知工業大学の西山教授とゼミ生の皆さんから、ロボットプログラミングの基礎を教えていただきました。最初にアルゴリズムや分岐処理、条件処理、反復処理などを教えてもらい、実際にプログラミングに挑戦しました。課題はゼミ生の方が製作された「お魚ロボットの尾ひれをスムーズに動かしてみよう」でした。最初は何をどうすればよいか分からなかったのですが、友人と相談しながらサーボモーターをプログラムして動かすことはとても楽しかったです。

山崎 稜人(2総1 豊南中)

大学進学講演会

平成29年7月1日㈯ 本校特別教室棟 多目的教室

「志望校合格のために」
 大学進学講演会を通して、改めて自分に必要なことについて考えたり、自分の苦手を克服したりすることが、どれだけ大切なことなのかを実感することが出来ました。受験本番まで残すところあとわずかです。今が追い込みの時期であるということを強く自覚して、志望校合格のためにやれることを頑張ります。

西尾 太一(3文B 猿投台中)

学習合宿(文理コース)

平成29年8月8日㈫~12日㈯
車山ハイランドホテル 長野県茅野市車山高原

「学習合宿での収穫」
 学習合宿の収穫は、与えられた時間を有意義なものに出来たことだと感じています。決められた時間の中で何をすべきかを考え実行した5日間は、良い経験となりました。実際には、10時間もの時間を自学自習に充てるというのは精神的にも大変なことでしたが、それでも学習に集中して取り組むことが出来たのは、やはり整った環境と仲間の存在のおかげだと思います。
 この経験を糧にして、日々の学習でもより充実したものとなるような取り組み方をしていきたいです。

奥村 真由(1文C 猿投台中

学習合宿(特進コース)

平成29年8月26日㈯~29日㈫ 
高遠さくらホテル 長野県伊那市高遠

「合宿で培ったこと」
 私は1、2年生のときは部活動があり、学習合宿に参加することができませんでした。3年生になり、初めて学習合宿に参加しました。合宿は3泊4日で、1日に10時間勉強をする日もありました。私はそこまで長時間勉強したことがなく、不安や心配もありましたが、3年間部活動で培ってきた精神力で乗り越えることができました。今回の学習合宿で学んだ達成感や充実感は、これからの受験勉強にもつながり、とても貴重な経験になりました。

田島 進太郎(3特D 松平中)

第20回 杜若カップ剣道大会

平成29年8月26日㈯ 本校体育館・武道場

 地域の青少年の健全育成と本校の教育活動紹介の場として始めた杜若カップ剣道大会も、今年で20回目となりました。多くの関係者にご来校いただきましたことに対し、改めてお礼申し上げます。今回の大会は、91団体(中学校・少年剣道クラブ)863名の選手の参加を得て、盛大に行うことができました。
 大会後の合同稽古会は、毎年小学生から指導者まで一緒に汗を流す交流の場であり、お互いの親睦を深めるとともに、技量を高める機会としても、一般の大会では見られない特色を持っています。PTA 役員・委員の皆様には、終日にわたりジュース販売を行って大会をご支援いただき、誠にありがとうございました。

剣道部顧問 今井 教文

緑苑剣道少年団(小学生の部)

洗心道場(中学生男子の部)

気品礼節剣道教室(中学生女子の部)

School Excursion  思い出に残る、すばらしい体験

4コース選択 修学旅行

平成29年2月28日㈫~3月3日㈮〈ベトナムコースは2月27日㈪出国(セントレア)〉

ベトナムコース

日本初!の修学旅行 ベトナム・ニャチャン

「楽しい思い出」
 ベトナムコースは、ニャチャンのビンパールランドやハノイのホーチミン廟に行ってベトナムの歴史や文化を感じることができました。ベトナム料理がとても印象的で、鳥1羽が丸ごと出てくることもあり、食べたことのない味に驚きました。一番楽しかったことはビンパールランド内にある遊園地のアトラクションです。何度もそのアトラクションに乗って、日本では体験できないようなことができました。初日は日本語が通じないので不安でしたが、現地の人がとても親切で安心しました。この5日間で楽しい思い出ができよかったです。

神谷 理子(3特C 高橋中)
 

北海道コース

「北海道の思い出」
 人生で2度目の北海道でしたが、前回訪れた夏とは大きく異なり、一面が冬景色でとても幻想的でした。バスで小樽、札幌、旭山動物園、網走監獄など様々なところを観光しました。特に阿寒湖の氷上ワカサギ釣りは初めての経験で、とても楽しかったです。今回の修学旅行では函館や知床などには行かなかったので、また北海道を訪れる機会があったら、ぜひ行ってみようと思いました。

大越 証路(3文B 井郷中)

台湾コース

「謝 謝!」
 私は今回、初めて台北に行きました。兵隊式や故宮博物院、京劇などを通して台湾の文化に触れたり、夜市や猫村、十份、そして「千と千尋の神隠し」の舞台となった九份などの有名な観光地や遊園地に行ったりして、とても充実した4日間になりました。食事は慣れない香辛料のにおいに戸惑ったりもしましたが、フルーツや小籠包などの台湾グルメも楽しむことができました。また、学生ガイドの方に穴場スポットを紹介してもらったり、道に迷っていた私たちに現地の人が調べながら教えてくれるなど、台湾の人たちの温かさも感じることができました。友だちと沢山はしゃいだりもして、最高の思い出になりました。

渡邊 帆香(3文B 藤岡中)

志賀高原コース

「たくさんの学び」
 私は志賀高原コースに参加しました。このコースは、志賀高原と東京を巡るコースでした。志賀高原では、生れて初めてスキーに挑戦しました。最初は少し不安でしたが、コーチが優しく教えてくださったので、上手く滑ることができるようになりました。東京ではお台場に遊びに行きましたが、とても人が多くてびっくりしました。最終日には、東京ディズニーシーにも行きました。混雑で待ち時間がありましたが、初めての体験が多くて楽しかったです。
 この修学旅行ではいろいろな経験ができたので、今後の生活に活かしていきたいです。

奥田 悠斗(3総3 竜神中)

豊田市 平成28年度
第3回ダービーシャー高校生派遣事業 

平成29年3月11日㈯~24日㈮  英国ダービーシャー
 豊田市内の高校生派遣団の一員として英国ダービーシャーに派遣され、ホームステイや学校でのプログラムを通じて、国際交流など各種の体験をしました。

「イギリスで得た教訓」
 この経験により、私は多くの刺激を受けました。英語ができずに消極的だった自分を変えたいと思いました。英語を使う必要なんてないと決めつけている人は、少なからずいると思います。しかし、他の国の人と関わることで自分自身が変わることもあるので、固定観念にとらわれていてはいけないと思いました。また、イギリスは優しい人と素敵な場所が多いので、他の人にも行ってほしいな、と思いました。ただイギリス料理は噂通りだと感じました。最後に、たくさんの素晴らしい経験をする機会を与えてくださったすべての方々に感謝します。本当にありがとうございました。

尾藤 良哉(3文A 藤岡中)

強化学習 
文理コース:4月17日㈪~21日㈮
特進コース:5月 8日㈪~10日㈬
新しい発見
 自分から勉強する力を鍛える、ということを目標として強化学習に取り組みました。私はその日の授業の復習を中心にやりました。授業で見つけられなかった規則を見つけたり、問題が解けるようになったりと、わかるたびに嬉しくなり、勉強が楽しいと感じました。自分でも驚くくらい集中ができて、中学校の頃との学習の差を実感することができました。この一週間で身につけた自分で勉強する力と集中力を、家庭でも活かしていきたいです。                       

加藤 空来(1文A 藤岡中)

教職員の異動 

~平成28年度末をもって、本校をご退職された先生方~

河合 政哉(理科)    
牧  寛之(理科)  
葛原 美峰(情報科)
橋本 実季(国語科)   
渡辺 和夫(数学科)  
藤本 幸大(数学科)

川島 徳巳(理科)    
谷口 広憲(英語科)
原  勇次(英語科)
宮越 雅之(地歴公民科) 
佐々木真帆美(英語科)
《敬称略》

2・3年生遠足

平成29年4月14日㈮
晴天の下、新しいクラスメートとの親睦を深めることができました。

2 年生 恵那峡ワンダーランド(デイキャンプ)

2 年生 恵那峡ワンダーランド(デイキャンプ)

3年生 ナガシマスパーランド

3年生 ナガシマスパーランド

総合コース 茶摘み体験&かきつばた園見学 
平成29年5月11日㈭ 
お茶の純平・茶畑(豊田市宝町)/無量寿寺(知立市八橋町)
 「杜若学」と題して、国語科、理科、社会科でいろいろなことを学びました。なかでも社会科が一番印象に残っています。茶の歴史や豊田のお茶地図を書いたりして、なるほどと驚くことがたくさんありました。さらに、教室で学ぶことができない体験をすることができました。お茶摘みはとても楽しかったですが、毎日作業している人たちの大変さも知ることがきました。無量寿寺では、池に咲くかきつばたを見ることができましたし、無量寿寺の不思議にも触れることができて楽しかったです。これらの学びや体験でいろいろなことを知ることができました。これからは、豊田によりいっそう誇りを持って生活したいです。

大津 陽平(1総1 猿投台中)

新入生 入学式~オリエンテーションの様子

チャレンジウォーク

平成29年4月14日㈮  中山道 妻籠宿~馬籠宿

「チャレンジウォークを終えて」
 とても充実した1日を過ごすことができました。道沿いに熊よけの鈴があるような自然豊かな山中を歩いていると、いつもと違う感覚を味わうことができました。県境を自分の足で歩いて越えたのは初めての経験だったのでうれしかったです。9Km歩き切ると、思っていた以上にきれいな景色が広がっていて感動しました。また、達成感を味わい、クラスメートともたくさん話をして親睦を深めることができました。チャレンジウォークで築いたクラスの団結力をさらに高めて、1年間、楽しく高校生活を送りたいです。

鈴木 沙彩(1特C 逢妻中)

●新入生より

「共学3期生として」
 まず、この杜若高等学校へ入学でき、上級生の皆様に歓迎していただけたことを新入生一同大変うれしく思っています。私たち新入生は今、高校生活に対する大きな期待と不安を抱いています。普段の学校生活に加え、行事や部活動、学習面や進路についてなど、実にたくさんの思いが交差する中で、私たちは本校の建学の精神である至誠に則って、互いに切磋琢磨し、充実した3年間を過ごすことができるよう努力していきます。先輩の皆様、どうかそんな私たちへの激励とご指導をよろしくお願いいたします。

上田 伽羅(1特A 石野中)

●在校生より

「ようこそ、杜若高校へ」
 皆さん、入学おめでとうございます。在校生を代表し、心から歓迎いたします。高校に入学した今、皆さんは期待や不安な気持ちでいっぱいだと思います。でも、大丈夫です。私たち在校生や先生方、周りの人たちに頼ってください。そして、自分の決めた道に向かって一生懸命頑張ってください。私たちと共に学び、励まし合いながら杜若高校の文化を高め、伝統を紡いでいきましょう。

和田 彪雅(3総4 末野原中)

学校長の言葉

『明日の国際社会に向けて』
 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。男女共学から3年目、皆さんのご入学で本校は全学年揃って男女が在籍する学校となりました。
 さて、グローバリゼーションが進む今日、世界で競争に打ち勝てる日本人の育成が求められています。そのため、これまでの知識・技能を中心に評価されてきた大学入学者選抜は大きく転換が求められ、これからは思考力・判断力・表現力、さらには、主体性・多様性、そして、協働性といった新たな要素を評価できる選抜方法に様変わりしていこうとしています。同時に高等学校教育、大学教育を合わせた三位一体の高大接続改革を意識する時代へと移りつつあります。
 そんな中、本校でも皆さんの更なる可能性を引き出す教育活動を進めていきたいと考えています。積み重ねてきた経験や成果を大切に、一層考える習慣を身に付け、学習に取り組んでいただきたいと思います。また、良き友を作り、友と切磋琢磨して汗を流し、自己を成長させてください。そして、様々な誘惑もあるかもしれませんが、常に誠意と周囲の人たちへの思いやりを大切に、善悪の判断力と健全な心を養う高校生活にしてほしいと願っています。
 新たな年度のスタートにあたり、変わりゆく国際社会で活躍する皆さんに期待し、私の挨拶といたします。

学校長 鈴木 利介

平成28年度 プロ野球ドラフト会議  東京ヤクルトスワローズ  4位指名 

中尾 輝 選手<名古屋経済大学> (平成24年度 本校卒・35回生)来校

平成28年11月19日㈯
本校

 今年度のプロ野球ドラフト会議で、ヤクルト・スワローズから4位指名を受けた中尾 輝 選手<名古屋経済大学> (平成24年度 本校卒・35回生)が、4位指名の報告のために母校である杜若高校にお越しになりました。当日はPTA委員会が開催されており、中尾選手は飛び入り参加。中尾選手の紹介の後、ご本人にプロ選手としての目標を語っていただきました。委員会終了後は、委員のみなさんへサインを書いてくださいました。その後、校長室にて放送部の取材と美術部(写真班)の写真撮影に応じてくださいました。
 お忙しい中、来校していただきましてありがとうございました。中尾選手のますますのご活躍をお祈り申し上げます。


放送部インタビュー

●ドラフト指名を受けた感想は?
 本当に信じられないくらいびっくりしています。
●高校時代の思い出は?
 体育大会の時は男しかいないので、全競技で本気でぶつかり合って、本当に楽しかったです。
●後輩へメッセージをお願いします。
 僕も高校の時はガリガリで力もなくて…、大学2年の時にボコボコに打たれたのを機に意識も体格も全部変えようと努力を続け、プロ野球選手になることができました。変わろうと思えば変えられる、やればやるほど成長できます。みんなも頑張ってください!
 

PTA委員会にて、中尾選手の紹介。

PTA委員会終了後、急遽サインをしていただけることに。

PTA委員会終了後、急遽サインをしていただけることに。

校長室にて。

校長室にて。

校長室にて。

インタビュー(放送部)の様子。

インタビュー(放送部)の様子。

サイン中の様子。(二人とも左利きでした!)

サイン中の様子。

インタビュー(放送部生徒)・写真撮影(美術部写真班生徒)と記念撮影をしていただきました。

杜若高校へサインをいただきました。

第64回愛知県私学弁論大会

岡崎市民会館
平成28年11月10日㈭

「有意義な時間」

 今回私学弁論大会に出場して、自分の言いたいことを主張するのは勿論ですが、とても考えさせられる時間にもなりました。他校の人の弁論を聞いていると、「なるほどこんな考え方もあるのか」「そんな風に考えたことはなかった」と自分にとって新発見があったり共感できたりと、とても良い経験になりました。それと共に、人に言葉で伝える難しさを実感することもできました。この様な機会をくださり本当にありがとうございました。

鈴木 里奈(1文C 岩津中)

猿投台ふれあいまつり

平成28年11月6日㈰
猿投台交流館

 地域交流・地域貢献の一環として、猿投台ふれあいまつりに本校から50名あまりの生徒がボランティアスタッフや芸能発表出演者として参加させていただき、地域のみなさんと交流を深めました。

第65回愛知県私学連合音楽会

平成28年11月4日
岡崎市民会館

 第65回愛知県私学連合音楽会に、本校吹奏楽部と合唱部が参加しました。

茶道体験(1年生)

平成28年10月13日㈭
本校体育館
 
講師 裏千家淡交会(三河支部)の皆さん
 

総合的な学習~日本の伝統文化~

「感謝の心」
 茶道は作法があって面倒くさいなと思っていましたが、お辞儀をすることやお茶碗を回すことなど、一つひとつの動作の中には「相手に対する感謝」が詰まっていることを初めて知りました。抹茶は苦かったのですが、少し甘みも感じられ不思議な味でした。5月に今回の学習用に茶摘みをしたのですが、自分が摘んだ茶葉も入っているのかなと思うと、少し嬉しかったです。

池口 楓(1総1 高橋中)